法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

「ペット不可」の賃貸物件は「金魚」もダメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとなしい小型のペットなら、飼っても大丈夫?

一人暮らしをしていると、妙に寂しくなる時が誰しもにあるだろう。帰宅時に「おかえり」と言ってくれる人がいない。聞いて欲しいことがあるのに話し相手もいない。

こうした状況の反動から、好きでもないのに、思わず、何かペットを飼ってみたい衝動に駆られたことがある人は少なくないハズだ。

 

とはいえ賃貸物件に暮らしていると、犬や猫を飼うことは中々に難しい。

では、亀や熱帯魚、イグアナなど、鳴くわけでもなければ、散歩をするわけでもない、いわゆる室内飼いができるペットであれば、賃貸物件であっても飼ってもよいのだろうか。

家主や不動産屋に報告せずこっそり飼っていて、もし、見つかった場合、退去させられるようなことはあるのだろうか。

 

契約書に記載された禁止事項すべてが有効

結論から言えば、基本的には賃貸契約書に記載された禁止事項によることとなる。

ペットについては、最近は細かな規定を設けている物件が多く、猫や犬からその他の小動物、観賞魚等も含めてすべて禁止としている物件もあれば、「水槽や小さな檻の中で飼える動物であればよい」と具体例を挙げる物件まで様々。

ペットが飼いたくなったら、まずは、自身が交わした賃貸契約書の内容を確認することから始めよう。

 

禁止事項にてペットの飼育が禁止されているにもかかわらず、契約内容を確認しない、もしくは無視をして勝手にペットを飼育すれば、居住中でも契約違反としてトラブルになってしまいかねない。

もし、契約違反が家主や不動産屋に知られてしまうと、契約書に違反をした場合の規定が退去とあれば、その通りに従わなければならなくなってしまうだろう。

 

なお、禁止されているにもかかわらず、内緒でペットを飼っていたとしても、退去時の室内確認や、家電修理等で他人が室内に入れば、臭い等でペットを飼っていたかどうかがすぐにバレてしまう。

家主や不動産屋にバレれば、退去うんぬんとは別に、原状回復のためのルームクリーニング費用や、殺菌・消臭清掃費用まで請求される可能性がある。

もちろん、明らかにペットが壁紙や床を破損した場合には、室内の原状回復費用が通常より高額になるだろう。

 

賃貸契約の内容を確認しない、若しくは禁止事項を無視して、家主や不動産屋の承諾を得ずに、一時の感情で衝動的にペットを飼ってしまうと、退去リスクのほか、金銭的にも多大なリスクを伴ってしまうことがおわかりいただけただろうか。

 

不動産屋が見た、具体的な許容範囲

賃貸物件が「ペット不可」なら、明らかに犬や猫は無理。

その他の小動物類は種類、サイズ、数で「快諾や“容認(黙認)」できる場合もあれば、どうあっても「契約条項違反」になってしまう場合がある等、家主や不動産屋の対応も様々なようだ。

 

例えば「うさぎ」については、フェレットなどと一緒で一般的に「禁止」とされることが多いという。いくら小さくておとなしいといっても、そこら中を歯でかじってしまうため、下手をすると猫以上に室内に損傷を与えることがあるからだそうだ。

同様に、「ハムスター」も意外と快諾されているわけではないとか。つがいで飼うとあっという間に繁殖してしまい、部屋が糞だらけ・餌だらけになるケースが見受けられることや、廻り車の音で隣人から苦情が出ることもあり得るからだという。

鳥類」は一般的には「禁止」。小さくても鳴き声が苦情の対象になりやすいからだそうだ。

陸ガメ」や「トカゲ」等の爬虫類・両生類は、小型で逃げ出さなければ許容範囲とのことだが、比較的大型なものや凶暴なものとなると、一般的な理解を超えるので「禁止」されることがほとんど。

また、承諾がいるとは思っていない人が多い「熱帯魚」や「金魚」等は、ほぼ許容範囲とされるものの、一部の愛好家が飼うアロワナ等は、飼育に大きくて重量のある水槽が必要となると、「禁止」されることもあるという。地震等の災害時に危険を伴うためのようだ。

 

こうして具体的に種類を見ても、まず第一に、家主や不動産屋の承諾を得ること、常識内で飼うこと、という前提が揺ぎ無いことはいうまでもない。

 

本記事は、2016年01月12日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

prof Kasiko編集部

編集チーム

  • 所属:Kasiko


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン