法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

「相続の放棄」と「相続分の放棄」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「相続の放棄」と「相続分の放棄」は別物

「分」があるかないかの一字違いであるが、「相続の放棄」と「相続分の放棄」とでは、意味が全然違ってくる。

相続の放棄」は、相続開始を知ってから3ヵ月以内に家庭裁判所へ申し立てをすることで相続人ではなくなり、遺産の相続権利を放棄するかわりに、債務の相続もしないで済む相続手続きのこと。

対して「相続分の放棄」は、遺産分割前に財産を放棄することの意思表示であり、家庭裁判所への手続きは必要なくできる。ただし、債務の返済義務は残ったままという、大きな違いがある。

 

ついでに、「相続分の譲渡」と「相続分の放棄」との違いも述べておきたい。

「相続分の譲渡」は相続分の譲渡人を指定して譲渡するのに対して、「相続分の放棄」は財産分を放棄して終わり。元もとの自身の相続分が誰に渡ろうと関係はなく、他の相続人が放棄された財産分を自由に扱える点に違いがある。

「相続分の放棄」のメリットは意思表示さえすれば、放棄者が遺産分割協議に参加しなくてもよくなり、相続人が集約されることで遺産分割協議がまとまりやすくなる点にある。

ただし、「身内のためを思って」等といった理由で「相続分の放棄」をしても、負債まで放棄したことにはならない点にはくれぐれも注意が必要だ。

 

「相続放棄」と「相続分の放棄」の計算方法

なお、「相続放棄」と「相続分の放棄」の相続分の計算方法は以下の通り。

「相続放棄」・・・相続人、子供A、B、Cのケース
本来法定相続分は配偶者:1/2、子供A:1/6、B:1/6、C:1/6だが、子供Bが「相続放棄」をするとBは相続人からはずれるので、相続分は配偶者:1/2、子供A:1/4、C:1/4となる。

「相続分の放棄」・・・相続人、子供A、B、Cのケース
本来法定相続分は配偶者:1/2、子供A:1/6、B:1/6、C:1/6だが、子供Bが「相続分の放棄」をするとBの相続分は他の相続人へ相続分率に応じて配分されることになるので、相続分は配偶者:3/5、子供A:1/5、C:1/5になる。

 

ここで“相続分率に応じて配分”とは、Bの相続分1/6を「配偶者1/2:子供A 1/6:C 1/6=3/6:1/6:C 1/6=3:1:1」で分けるということ。よって、

配偶者の相続分は・・・
元々の持分1/2+(子供Bの持ち分1/6×3/5)=1/2+3/30=5/10+1/10=6/10=3/5

子供A、Cの相続分は・・・
元々の持分1/6+(子供Bの持ち分1/6×1/5)=1/6+1/30=5/30+1/30=6/30=1/5

子供Cの相続分は・・・
元々の持分1/6+(子供Bの持ち分1/6×1/5)=1/6+1/30=5/30+1/30=6/30=1/5

という具合に配偶者:3/5、子供A:1/5、C:1/5という相続分が算出されるのである。

 

また、以下のような計算の仕方もある。

本来の相続分の分母を通分すると、配偶者:3/6、子供A:1/6、B:1/6、C:1/6

ここで「相続分の放棄」をした子供Bの分子1を配偶者と子供A、Cそれぞれの分母6から引くと、配偶者:3/5、子供A:1/5、C:1/5になる。

なお、仮にBに続いてCも「相続分の放棄」をするとなると、Cの分子1を配偶者と子供Aそれぞれの分数の分母5から引いて、配偶者:3/4、子供A:1/4となる。

 

「特別受益証明書」の作成が必要なことも

「相続分の放棄」については、家庭裁判所への手続きは必要なく、法廷相続人にその旨を伝えるだけでも構わない。しかし、不動産の登記申請実務上、書類が必要になることもある。

これが相続分のないことを証明する「特別受益証明書(相続分皆無証明書、相続分不存在証明書、相続分なきことの証明書とも)」で、放棄者自身が作成することとなる。

もし、被相続人が所有していた不動産があれば、相続する人としない人に分かれる。

他に遺産がなければ、相続しない人が「特別受益証明書」に実印をついて印鑑証明書を添付するだけで、不動産を相続する人への所有権移転登記が可能となる。

 

本記事は、2016年03月30日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

prof Kasiko編集部

編集チーム

  • 所属:Kasiko


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン