法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

ちょっと待った!「お金を借りる」前に・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融(サラ金)、ヤミ金、街金の違い

お金が必要となって誰かから借り入れを行うとしたら、アナタはどこから借りるだろうか。

親族や知人からの借り入れが難しいとなると、銀行(銀行系消費者金融を含む)は最良の選択肢の1つとなるが、事情や条件によっては銀行が貸してくれない場合も少なくない。
そうなると「消費者金融(サラ金)」や「街金」、果ては「ヤミ金」等が選択肢にあがってくる。

 

サラ金や街金、ヤミ金-これらを「どれも同じようなもの」と捉えている人は想像以上に多く、特に消費者金融(サラ金)=ヤミ金だと思い込んでいる人が大勢いる。そこで、簡単に違いを見てみることにする。

消費者金融(サラ金)
ひと昔前(1980年代頃)、サラリーマン金融を略してサラ金という呼び方が生まれた。今は消費者金融と呼ばれている。法律の定めに従って貸金業登録を行い、法律の基準範囲でお金を貸している健全な貸金業者である。
アコムやプロミス等、一部の大手消費者金融はメガバンク等の傘下に入ったことで、銀行系ローンと呼ばれることも(以前の呼称であるサラ金や消費者金融よりも、ずっとイメージが良くなっている)。

ヤミ金
法律を無視して、まさしく法外な金利(例 トイチの金利:10日で1割の金利を請求)でお金を貸す業者。 貸金業登録をしていない、違法業者。最近では事業所を構えず、携帯電話のみで営業している業者が多い(事業所を持たないために足が着きにくく、検挙されそうになっても携帯を破棄するだけで容易に逃げられるため)。

街金
街中で小規模に経営している消費者金融の呼称。ヤミ金と似たような、無登録の違法業者であることも少なくない。

あくまで一般論ではあるが、要するに、法律に則って合法的に貸金業を営んでいる業者が「消費者金融(サラ金)」、明らかな違法業者が「ヤミ金」、どちらともいえないグレー色が濃い業者が「街金」であるといえる。

 

お金を借りるなら、絶対にやってはダメなこと

お金に困って、どうしても借りなければならないこともあるだろう。

生まれて初めてお金を借りるならばなおさら、銀行のカードローンが一番安全で安心だろうが、次の手としては大手消費者金融業者を考えてもよいだろう。

大手銀行のグループ企業となった消費者金融業者であれば、当然に法律に即した健全な借入れ条件になっているからである。

 

なお、お金を借り始めた当初は「すぐに返済するつもり」で1万円~5万円程度を気軽に借り入れたものの、いつしか「お金がなくなったら借りればイイ」が当たり前になり、気が付けば返済に困るほどの金額に膨れ上がってしまい、最終的には藁にもすがる思いでヤミ金や街金に手を染めてしまうケースが多々ある。

これは危機的状況である。どうしても返済できなくなった場合は、ヤミ金に手を出すくらいなら、自己破産等の債務整理を検討すべき。ヤミ金は優しい声で同情したフリをして近づいてくるが決して信用してはいけないし、借り入れも行ってはならない。文字通り身ぐるみを剥がされるか、骨の髄までシャブリ尽くされるのがオチだ。

 

また、最近では切羽詰まって現金が喉から手が出そうなほど必要なところに付け込んで、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」をさせる手口も街中やインターネット上に平然と存在している。

「クレジットカード現金化」というのは、クレジットカードにあるショッピング枠を悪用させる手口で、業者がクレジットカードのショッピング枠内で指定した商品を購入させ、その商品を業者が買い取る形で代金の一部を返金、これで現金が手元にすぐ入るしくみである。

この手口は、正当な商取引(クレジットカードで商品購入⇒購入した商品を買い取り業者に売却)を模しているために、厳密には違法行為ではないが、クレジットカード各社はその規約においてこれを禁じているため、以降、クレジットカードが利用できなくなる恐れが大いにある。ヤミ金同様、これにも決して手を付けるべきではない。

 

万が一、既にこういった悪徳業者を通じてお金を用立ててしまっていて、違法な取り立てや脅しにあっているならば、即刻、警察や消費者生活センター、法テラス、弁護士・司法書士、NPO相談所等に相談して欲しい。

 

お金は「収入<出費」にしない

病気や事故、失職等といった止むを得ない事情でお金を借りるならば兎も角も、常にお金に困って借り入れを繰り返している人の多くは、身の丈を超えた日々の出費に問題がある。収入<出費であればお金が足りなくなるのは当り前である。

 

お金に困ったら、安易な借り入れを行う前に、まずは自身の生活を振り返ってみて欲しい。

ストレス発散」や「仕事を頑張った自分へのご褒美」と称して、高価な買い物を繰り返していないだろうか。タクシーの利用が常態化する等、少しの面倒や手間をお金で解決していないだろうか。そもそも、衣食住が身の丈にあっているだろうか。「ギャンブルでいつでも一発逆転できる」という妄言に苛まれて、賭け事に熱心になっていないだろうか。

これらのことは、「少しの我慢」で改善できることであり、その改善によって出費を収入以下に抑えることができれば、余ったお金は貯蓄に回すことができる。貯蓄があれば、やむを得ない事情で急にまとまったお金が必要となっても、お金を借りずに済む可能性も高くなる。

 

こういうハナシの流れになると、「それ(我慢や貯蓄)が出来るなら今のような苦労はしていない」「節約が必要な地味な人生なんてまっぴら御免」「抑えられないのだから仕方がない」等といった反論が返ってくるものだ。

悪徳業者はこういった反論に「わかるわかる」と同情するフリをして近づいてきて、アナタに少しばかりのお金を貸し、その何倍もの利益をアナタからむしり取ろうとしていることをお忘れなきよう。

 

本記事は、2015年10月23日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

prof Kasiko編集部

編集チーム

  • 所属:Kasiko

関連記事


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン