法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

介護保険の基礎知識⑥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護保険の基礎知識」では・・・

介護保険の基礎知識」では、意外と知られていない介護保険の仕組みについて、ご紹介しています。

前回、介護保険の基礎知識⑤では、介護保険で受けられるサービスの内容について詳しくご紹介していました。今回の介護保険の基礎知識⑥では、引き続き、介護保険で受けられるサービスの内容について、詳しくご紹介したいと思います。

この他、介護保険の基礎知識①では、最近の議論で介護保険の自己負担額が増加する傾向があるとご紹介するとともに、介護保険が作られた経緯や目的、介護保険料の負担の割合などをご紹介しました。

介護保険の基礎知識②では、所得による介護保険料の違いや、第二被保険者の介護保険料について、介護保険料を負担する要件や、介護保険のサービスを受けられるのはどのような方かをご紹介いたしました。

介護保険の基礎知識③では、平成27年度より制度が大きく変わり、以前よりもスピーディに必要なサービスを受けられるようになったこと、自治体独自の取り組みが行われやすくなり、自治体の状況に合わせたサービスが充実すると期待されていること、サービスを受けるために実際にはどのような手続きが必要なのかをご紹介いたしました。

介護保険の基礎知識④では、要介護認定を受けるためにはどうしたら良いのか、要介護認定申請へ至るまでの流れについて、申請を行ってから認定を受けるまでの流れについて、ご紹介いたしました。

参考記事:介護保険の基礎知識①
参考記事:介護保険の基礎知識②
参考記事:介護保険の基礎知識③
参考記事:介護保険の基礎知識④
参考記事:介護保険の基礎知識⑤

 

受けられるサービス別、介護サービス

前回もご紹介した、介護保険で受けられるサービスは以下の6項目となっています。

Ⅰ.介護の相談やケアプラン作成
Ⅱ.自宅で受けられる家事援助等のサービス
Ⅲ.施設などに出かけて日帰りで行うデイサービス
Ⅳ.施設などで生活(宿泊)しながら、長期間又は短期間受けられるサービス
Ⅴ.訪問・通い・宿泊を組み合わせて受けられるサービス
Ⅵ.福祉用具の利用にかかるサービス

前回は、Ⅱの自宅で受けられる家事援助等のサービスのうち、「訪問介護」についてご紹介しました。自宅で受けられる家事援助等のサービスは、もちろん他にもあります。

 

訪問入浴」は、利用者の身体の清潔の保持、心身機能の維持回復を図り、利用者の生活機能の維持又は向上を目的として実施されるもので、看護職員と介護職員が浴槽を持参して利用者の自宅を訪問し、入浴の介護を行います。

要支援1~2の方、要介護1~5の方ともに利用できますが、1割負担の1回あたりの利用料が異なり、要介護の方の方が高額となります。金額はお住いの地域の地域区分によって異なりますが、1回あたり1000円前後です。

 

訪問看護」は、看護師等が、疾患のある利用者の自宅を訪問し、主治医の指示に基づいて療養上の世話や診療の補助を行います。

看護師等とあるように、看護師だけでなく、作業療法士や理学療法士、言語聴覚士等が訪問する場合もあります。

症状によって受けられるサービスは様々なですが、病状のチェックや排せつや入浴の介助、洗髪等、在宅酸素やカテーテル、ドレーンチューブなどの管理、褥瘡の処理やリハビリテーション、在宅での見取りなども、受けられるサービスに含まれています。

利用者負担は、要支援・要介護、いずれの認定を受けても同じですが、看護師がどこから派遣されているかによって金額がことなります。

訪問介護ステーションの場合と、病院又は診療所からの場合、定期巡回や随時対応型訪問介護看護と連携している場合、それぞれ料金形態や金額が異なります。その他、他のサービスと同様にお住いの地域によって、金額が異なります。

 

訪問リハビリテーション」は、訪問看護と似ており、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが利用者の自宅を訪問し、リハビリテーションを行います。

利用者負担も、要支援・要介護いずれの場合も同一です。派遣元による金額の違いなどは設定されていませんが、お住いの地域による金額の違いはあります。

 

夜間対応型訪問介護」は、夜間帯にホームヘルパーが利用者の自宅を訪問するサービスで、定期巡回と随時対応の2種類のサービスがあります。

要介護の方しか利用できません。定期巡回は18時~8時の間に定期的な訪問を受け、排せつの介助や安否確認などのサービスを受けられます。随時対応は、急に体調が悪くなった時などに、ホームヘルパーを呼んで介助を受けたりすることができます。

ただし、直接利用者の援助に該当しないサービスや、日常生活の援助の範囲を超えるサービスは受けられません。

また、地域密着型サービスのため、原則としてお住いの市区町村以外の事業所のサービスは受けられません。

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護」は、定期的な巡回や随時通報への対応など、利用者の心身の状況に応じていつでも必要なサービスを必要なタイミングで提供するサービスです。

ホームヘルパーだけでなく、看護師とも連携しており、看護と介護が一体となったサービス提供を受けることも可能です。

このサービスは、要介護の方しか受けることができず、また、料金も1月単位の料金設定ですが、要介護度が高くなるに従い、金額も上がります。また、料金自体も他のサービスに比べると高額です。このサービスも地域密着型のサービスですので、お住いの市区町村の事業所のサービスしか受けられません。

利用者は、様々なサービスの中から、自分の状況にあったサービスを選択することができますので、必要な介助や予算に応じて、積極的に利用していきたいですね。

 

施設などで行うサービスとは?

自宅にお住いの利用者への介護保険のサービスは、自宅で行われるものだけではありません。利用者が施設に通って受けるサービスもあります。

日帰りで行われる通所介護デイサービスは、中でも有名で、予防給付サービスを含め、多くの方が利用しています。

次回の介護保険の基礎知識では、これら「Ⅲ 施設などに出かけて日帰りで行うデイサービス」について、ご紹介します。

 

本記事は、2016年09月27日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

prof Kasiko編集部

編集チーム

  • 所属:Kasiko

関連記事


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン