法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

副業詐欺-「自宅で簡単副収入」を謳う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メル友バイト斡旋広告は今もネット上で健在

「男性のメル友になって悩みを聞いてあげるだけで副収入ゲット」
「女性の為の簡単副業」
「勤務時間自由、在宅OK、ノルマなし」

 

こんな謳い文句でメル友バイトなる副業を斡旋していたインターネット広告に騙されて、登録費用やら手続き費用名目でカネを巻き上げられた人たちが全国に5万5千人もいたことが明るみに出た。

いわゆる副業詐欺で、被害総額は実に17億円にも達するのだという。

インターネット上で偽の副業サイトを運営し、男性とメール交換すれば報酬が得られるとうそをつき、女性から手続き費用名目で電子マネーのギフト券をだまし取ったとして、千葉県警サイバー犯罪対策課などは1日までに、詐欺容疑で、サイト運営者の中村豊容疑者(30)=埼玉県所沢市松葉町=ら7人を逮捕した。(引用元:2016年6月1日付け時事通信)

県警によると、中村容疑者らは2014年4月以降、同様のサイトを複数運営。全国で被害者は約5万5千人、被害額は計約17億円に上るとみられる。(引用元:2016年6月1日付け日経新聞)

 

因みに、詐欺師グループの逮捕報道から2週間ほど経った今(6月14日本稿執筆時点)でも、検索サイトで「メル友バイト」というキーワードを検索してみると、同類の詐欺サイトに誘導するための広告を貼り付けたWebサイトがわんさとヒットしている。

※企業のカスタマーサポートがメール対応要員を募集している”まっとうな求人広告”も見受けられるため、全てが違法業者の広告というわけではなさそうだ。

 

副業詐欺の特徴

こうした、偽のサイトを経由した副業詐欺のターゲットは、ずばり女性だ。

さらに毎日新聞報道(2016年5月31日付け)によると、この手の副業詐欺の被害の相談で国民生活センターに連絡してくるのは、”特に30代や40代の主婦が多い”のだという。

 

比較的時間にゆとりがあるものの、家事や育児におわれて思うように収入を得ることができない主婦に対して、インターネット広告やSNS広告を通じて「簡単」「時間自由」「ノルマなし」「在宅OK」を謳い、「副収入を得ませんか?」と誘導する。

仕事内容も「相手は男性だけど、メールでやり取りして悩みを聞くだけ」と、内職的なイメージを植えつけ、「簡単」なうえに顔出し・声出しもなく「安心」「安全」と騙る。

そうして、家で家事の合間に何気なくスマホを弄っていたら、TwitterやFacebookといったSNSネット掲示板で「簡単副業」を謳う広告を目にした主婦が、ついつい偽サイトに訪れてしまうわけだ。

※キャバクラ嬢やクラブのホステスのように男性を相手にする仕事であるものの、やり取りはメールだけであることから、仕事内容を「メルキャバ」等と呼ぶ業者も少なくないようだ。

※こうした副業詐欺サイトはパソコン向けではなく、スマホやガラケー等の携帯向け専用に作られていることが専ら。

 

副業詐欺の手口と特徴

インターネット広告やSNS広告を経由して偽の副業サイトに訪れ、すっかり信用して「簡単な副業で副収入を得る」気満々になった人が、偽サイトの「応募するボタン」を押して自身のメールアドレスを登録すると、即座に当該「副業サイトの運営者」を名乗る者からメールが届く。

メールには「偽サイトにメンバー登録して収入を得るには、○万円の登録費用手続き費用がかかる」と書かれているが、当該費用は「スグ(○回の相手をすれば、○日も働けば等と謳う)に元が取れる」とも書かれていて、それを鵜呑みにしてしまう人も少なくない。

そうして費用を支払って「仕事」を開始するも、「客」であるハズの「悩みのある男性」はみな詐欺師グループ一味のサクラで、「対応の仕方が悪い」「悩みが解決しない」等と難癖をつけてきて、結局は一円の収入も支払われない。

結局、登録費用や手続き費用名目で支払ったカネのみを騙し取られた格好となってしまうのが、副業詐欺の手口である。

※初期登録費用等の他に、サーバー増強費用や相談員特設ページ作成費用、メンバーランク昇格費用等の名目で、「これまでの投資額を回収する目的でより高額収入を狙うため」と称して、続けざまにカネを騙し取られるケースもまた少なくない。

 

なお、今回摘発された副業詐欺事件では、被害者から詐欺師へ費用名目でカネを支払う際には、アマゾンギフト券等の電子マネーが悪用されたようだが、これはここもとの詐欺手口全般と同様に銀行振り込みを用いるとスグに足が着いてしまうためである。

 

本記事は、2016年06月15日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

prof Kasiko編集部

編集チーム

  • 所属:Kasiko


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン