法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

探偵による浮気調査②-浮気されやすい季節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚が「3月」に増える理由

いきなりハナシがそれるが、離婚が最も多い季節をご存知であろうか。答えはズバリ、「春先」の「3月」である。

厚生労働省による平成25年9月~翌26年8月までのデータを見てみると、離婚件数が2万件を超えているのは、23925組が離婚した26年3月のみ。

他の月は最も少ないのが8月の16893組で、3月に次いで多い4月も19725組に留まっている。

 

例年3月に離婚件数が膨れ上がるのにはしっかりとした、誰しもが納得できる、「3月は子供の環境が変化する時期だから」という理由がある。

親が3月に離婚を済ませておけば、離婚を機に転居することになろうとも、子供も年度の途中から環境を変えるのではなく、新年度が始まる4月から再スタートを切ることができるためだ。

 

そのため、3月の離婚成立に照準を定めて、その半年~1年前から「離婚協議」「離婚後の生活費のための貯蓄」「離婚後の新居探し」を準備して実行するのが、子供がいるケースで離婚を成功させるための秘訣なのだという。

参考記事:3月の離婚が多い理由、4年目の離婚が多い理由

 

浮気の芽も「年度の変わり目」に芽吹きやすい

前回の記事:探偵による浮気調査①-探偵という職業の現実

さてハナシを本稿の本筋に戻すと、配偶者(夫・妻)やパートナーがいるにもかかわらず、他の人に目移り・恋慕してしまう「浮気」の「芽」が芽吹くのも、これとほぼ時期を同じくする「年度の変わり目」が多いのだとか。

職場内の人の入れ替わりや、子供の進級に応じて、別れ新たな出会いが多くなるためだ。

 

会社勤めやパートをしている人であれば、部署移動や配置換え、新入社によって出会いと別れがある。また、実は「浮気」の温床となりやすい、子供の幼稚園や学校の「父母会」「保護者会」も、子供の進級によって出会いと別れがある。

出会いだけでなく、「別れ」も浮気が芽吹くきっかけとなるのは、意中の人と定期的に顔を会わせることができなくなることが、秘めたる想いを実際の行動に向かわせるためだという。

また、年度の変わり目に伴って歓送迎会や親睦会といった「酒の場」が増えることも一因となりやすい。大人の出会いと別れの場に「酒」とくれば、何をか言わんやである。

 

さて、そうして芽吹いた浮気心が、逢瀬を重ねることで抜け出せないモノへ醸成されていくわけだが、こと「季節」に関して言えば、浮気をしている側は細心の注意を払うべき季節浮気をされている側はパートナーの浮気の尻尾を掴むチャンスが到来する季節がある。

 

浮気の「兆候が見え隠れ」しやすい季節

2月、3月、4月、11月、12月。これらは、探偵事務所に浮気調査の依頼が増える月なのだそうだ。

バレンタインデーのある2月、ホワイトデーがあり別れの季節でもある3月、出会いの季節である4月は後半にかけて、11月・12月はクリスマスや年末に向けて気持ちが舞い上がるためか、浮気調査の依頼が舞い込みやすいのだという。

一方で、子供の学校が夏休みとなって、子供の世話をしなければならない親が外に出にくくなる夏場は、とりわけ「主婦」からの浮気調査依頼は減る傾向にあるのだそうだ。

なるほど、総じて納得である。

 

要するに、男女のイベントが盛り上がる時期に「家庭向け」とは「別の準備」に勤しむ(浮気相手との連絡頻度があがる等々)ことで、情報が漏れやすく、また尻尾を掴みやすいというわけだ。

パートナーが疑わしければ、この時期にサグリを入れてみて、浮気の兆候が見え隠れしたのならば思い切って探偵事務所に相談してみてはいかがだろうか。

 

なお、夏休みに限らず「休み」の期間は否が応にも家庭に時間を費やさざるを得ないため、そもそも日常に隠して言い訳がしやすい・嘘がつきやすい、平日のほうが逢瀬は多いようだ。

そのため、ゴールデンウィークやシルバーウィーク、年末年始も、浮気調査の依頼は比較的に多くはないのだという。

 

本記事は、2016年10月05日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

prof Kasiko編集部

編集チーム

  • 所属:Kasiko

関連記事


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン