法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

相続のポイント ~戸籍の調べ方~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続人の確定と戸籍調査の重要性

 相続開始時点において法定相続人が誰かを確定すること(相続人の確定)は、大変重要です。実務では、戸籍上、法定相続人であることが分かっている人を除外して遺産分割協議をした場合、その遺産分割協議は無効となってしまいます。遺産分割を確実かつスムーズにすすめるために、まず法定相続人を確定することが大変重要となります。

 誰が法定相続人となるかを確認するためには、通常、戸籍を調査することにより行います。今回は、法定相続人を確認するための戸籍の調査方法を紹介します。

※法定相続人の確定は慎重に行う必要があり、専門的な知識も必要であるため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼して行うことをおすすめします。

 

戸籍に関する書類の種類

 戸籍に関する書類には、「戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)」、「戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)」、「除籍謄本(除籍全部事項証明書)」および「改製原戸籍謄本」というものがあります。

 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)とは、個人の氏名、生年月日、父母との続柄や配偶者関係など、その戸籍簿に記載されている全員の情報を記載した、戸籍原本の写しをいいます。平成6年の戸籍法改正によるコンピュータ化後は、戸籍全部事項証明書という名称になっています。
 戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)とは、戸籍簿に記載されている一部の人の情報だけを記載した戸籍原本の写しをいいます。平成6年の戸籍法改正によるコンピュータ化後は、戸籍個人事項証明書という名称になっています。法定相続人の確定については専ら戸籍謄本または除籍謄本を使い、戸籍抄本は使用しません。
 除籍謄本(除籍全部事項証明書)とは、戸籍に記載された全員が婚姻や死亡などにより除籍された場合や、他の市区町村に戸籍を移す(転籍)ことにより戸籍が削除された場合、当該戸籍簿は除籍簿というものになりますが、この除籍簿に記載された全部の情報を記載した除籍簿原本の写しをいいます。平成6年の戸籍法改正によるコンピュータ化後は、除籍全部事項証明書という名称になっています。法定相続人の確定のために使用する場合があります。
 改製原戸籍謄本とは、法令の改正により戸籍の様式が改められる前の戸籍(改製原戸籍)に記載された情報の全部を記載した改製原戸籍簿の写しをいいます。戸籍の改製は、昭和32年法務省令および平成6年法務省令により行われていますが、新しい戸籍においては改製原戸籍において除籍された者については書き写されていないため、すべての法定相続人を確認するためには改製原戸籍謄本を確認すべき場合があります。

※平成6年法務省令による戸籍の改製は、戸籍のコンピュータ化に伴う改製で、平成6年度から各市町村で順次行われています。

 

戸籍謄本の取り寄せ

 戸籍を調査するためには、被相続人の本籍地である市町村に戸籍謄本※を請求して、これを取り寄せる必要があります。
 請求にあたっては、各自治体によって申請書式・必要書類が異なる場合があるので、各自治体のウェブサイト等をご参照の上、請求してください。
 
 戸籍謄本等を請求できるのは、戸籍に記載されている者またはその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属であり(戸籍法10条1項)、これ以外の第三者(例えば、上記以外の親族)による請求は一定の場合に制限されており(戸籍法10条の2第1項)、自己の権利を行使するために必要な場合等にあたることを明らかにする必要があります。

 取り寄せるべき書類としては、詳細は後述しますが、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本です。被相続人が他の市町村に転籍している場合などは、被相続人の死亡時の本籍地の市町村に対してだけでなく、転籍前の市町村に対しても別途戸籍謄本・除籍謄本の請求を行う場合がある点にご注意ください。

 

戸籍の調査方法

 現在の戸籍制度では、婚姻や転籍、法律改正に伴う戸籍の作り替えによって戸籍の異動があった場合、以前の戸籍の内容がすべて新しい戸籍に書き写されることはなく、前の戸籍で除籍されてしまった者の戸籍は新しい戸籍には記載されないことになります。
 
※例えば、被相続人が結婚すると、その時点で夫婦の新しい戸籍が作成されます。この新しい戸籍には被相続人の父母、並びに出生および婚姻の日は記載されますが、兄弟姉妹(法定相続人となる場合があります。)は記載されません。

 そのため、被相続人の法定相続人を漏れなく調べるためには、被相続人の最終の戸籍謄本を調査するだけでは足りず、被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本、原戸籍謄本および除籍謄本等を調査する必要があります。

 たとえば、以下のような事例で具体的に考えて見ましょう。

souzokukakeizu

現在:平成26年
A作:被相続人、平成26年1月に死亡
B子:A作の配偶者、昭和43年にA作と結婚
C絵:A作の元配偶者、昭和40年A作と結婚、昭和42年にA作と離婚
D男:A作とB子の子(長男)、昭和44年出生
E美:A作とB子の子(長女)、昭和45年出生、平成3年結婚により除籍
F郎:A作とC絵の子(長男)、昭和41年出生
※A作の戸籍簿を扱う市町村では平成10年に戸籍の改製が行われたとします。

以上のような家族がいたとして、被相続人A作について相続が開始した場合を考えています。
まず、上記の場合、法定相続人は、B子(配偶者)、D男(子)、E美(子)、F郎(子)となります(民法890条、887条1項)。

現在の戸籍謄本を調べてわかるのは以下の情報です。

【現在の戸籍から得られる情報】
・本籍、戸籍改製日、改製事由
・A作の氏名、生年月日、配偶者区分、父母、出生地、死亡日、死亡地等
・B子の氏名、生年月日、配偶者区分、父母、出生地、婚姻日等
・D男の氏名、生年月日、父母、続柄、出生地等
 現在の戸籍謄本からわかる情報はA作、B子、D男の情報だけで、法定相続人となるべきE美とF郎の存在と情報はわかりません。
 なぜなら、E美は平成3年の婚姻および平成10年の戸籍の改製によってA作の現在の戸籍からは除籍された痕跡も抹消され、F郎については父であるA作がB子と婚姻したことにより新たな戸籍が編製されているために、現在のA作の戸籍には記載されていないからです。

 そこで、E美の存在を確認するためにはA作の改製前原戸籍謄本を、F郎の存在を確認するためにはA作の除籍謄本(C絵と婚姻時のもの)を確認する必要があります。

※上記例では、E美、F郎の存在を前提にしていますが、実際の場合には、そもそもE美やF郎の存在が不明なので、必ず改正前原戸籍や除籍謄本など出生から死亡まですべての戸籍謄本等を確認する必要があります。

それでは、改製前原戸籍謄本および除籍謄本からどのような情報が分かるでしょうか。

【改製前原戸籍謄本から分かる情報】
・現在の戸籍謄本からわかる情報に加えて・・・
・E美の氏名、生年月日、父母、続柄、婚姻により除籍した事実等

【除籍謄本】
・A作の氏名、生年月日、配偶者区分、父母、出生地、婚姻日、C絵との離婚の事実等
・C絵の氏名、生年月日、配偶者区分、父母、A作との婚姻の事実、離婚の事実等
・F郎の氏名、生年月日、父母、続柄等

 以上をまとめると、法定相続人を確定するためには、被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本等を確認する必要があるということです。
法定相続人の確定は、遺産分割にあたって重要な手続であり、慎重に行う必要があるため、専門家に依頼されることをおすすめします。

 

参考記事:
相続のポイント ~遺言の方式~
相続のポイント ~遺産分割の4種類の手続~
相続のポイント ~単純承認・相続放棄・限定承認~
相続のルール ~相続分~
相続のルール ~法定相続人の確定~

本記事は、2014年05月19日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

yoshida 吉田秀平

弁護士

上場企業の総務・法務を担当した経験を活かして、中小企業、ベンチャー企業、スタートアップの支援をさせて頂きたく思っています。訴訟になる前に、リスクが顕在化する前に、低コストで高い効果の予防法務サービスを提供することが目標です。

  • 所属:しぶや総和法律事務所

関連記事


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン