法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

葬制の基礎知識-四十九日~納骨まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

前回の記事(葬制の基礎知識-出棺~初七日の法要まで)では、亡くなった人について執り行われる一連の弔いのための宗教的な習慣や制度を意味する「葬制」について、葬儀後の出棺から、火葬骨上げ還骨法要初七日法要精進落しまでの流れを紹介した。

今回は、その続きとなる四十九日の法要、およびご遺骨をお墓に納める納骨を解説する。

参考記事:
葬制の基礎知識-ご臨終~葬儀・告別式まで
葬制の基礎知識-出棺~初七日の法要まで
葬制の基礎知識-百か日法要~三十三回忌まで

 

7日毎の法要と、四十九日

古来の仏教においては、故人が亡くなった日を含めて7日ごと、7週間に渡って法要を執り行う仕来りがある。その1週目にあたる法要が前回の記事の最後に解説した初七日(しょなのか)で、最後の7週目が本稿で解説する四十九日(しじゅうくにち)である。

なお、亡くなってから49日間の期間を、故人があの世へ旅立つ期間を意味する「中陰(ちゅういん)」若しくは「中有(ちゅうゆう)」と呼ぶ。

そして、この49日目を「満中陰(まんちゅういん)」と言って、故人がいわゆる極楽浄土(ごくらくじょうど)へ到達する日を意味し、法要を行って故人を供養するのが習わしだ。

因みに以下に、四十九日までの法要の名称を記しておくので、参考まで。

1週目 初七日(しょなのか) 初願忌(しょがんき)
2週目 二七日(ふたなのか) 以芳忌(いほうき)
3週目 三七日(みなのか) 洒水忌(しゃすいき)
4週目 四七日(よなのか) 阿経忌(あぎょうき)
5週目 五七日(いつなのか) 小練忌(しょうれんき)
6週目 六七日(むなのか) 檀弘忌(だんこうき)
7週目 四十九日(しじゅうくにち) 大練忌(だいれんき)

※四十九日は七七日(なななのか)とも呼ばれるほか、尽七日(じんしちにち)とも呼ばれる。

※前回記事にも記したが、故人の死後、そのご遺族やご親族がしばらくの間、慎み(つつしみ)喪に服す(もにふくす)ことを漢字一字で「忌(き)」と表し、この忌は四十九日をもって明けるとされている。

 

四十九日の法要の流れ

四十九日の法要は、葬儀後すぐに日取りや場所(自宅、若しくはお墓のある霊園付属施設等)を決めておくのが望ましい。意外な程に49日間があっという間に過ぎていくにもかかわらず、法要には色々と準備が必要だからである。

 

一般的に四十九日の法要時には、後述する、ご遺骨をお墓に埋める納骨(のうこつ)式もあわせて執り行うことが多いため、四十九日の法要までに、石材屋を手配してお墓の墓石に故人の戒名を彫刻してもらっておく。

その他、本位牌(ほんいはい)と卒塔婆(そとば)が必要となるので、こちらは葬儀屋か僧侶に相談して手配を進めておく。

なお、葬儀に用いた後に後飾り壇(あとかざりだん)に安置したご位牌は、仮位牌(かりいはい)や白木位牌(しらきいはい)等と呼ばれ、四十九日の法要時にお焚き上げ(焼くこと)してもらい、以降は本位牌をご位牌として自宅の仏壇に飾ることとなる。

また、卒塔婆とは、お釈迦様の遺骨を安置した建造物であるStupa(サンスクリット語:ストゥーパ)を模して作られた木の板に故人の戒名や命日等を書き記したもので、供養のために建てられる。卒塔婆は法要の度に新しい卒塔婆に取り換えることが望ましいとされている。

 

法要の日時・場所、および本位牌と卒塔婆等の諸々の手配が済んだら、次に参列者への案内状を作成して送付し、あわせて御香典(おこうでん)をいただいた際の返戻品の準備をする。
通夜・葬儀にて御香典を頂いた場合も、忌明けをもって、香典返し(こうでんがえし)をするのが一般的であるため、その分の返戻品もあわせて手配しておくのもよい。

 

mokugyo

 

四十九日の法要当日は、まず喪主が挨拶し、次いで僧侶が読経している間に、ご遺族・ご親族・他の参列者の順で焼香を行う。

焼香が済んだら僧侶による忌明けの法話を伺い、一旦、四十九日の法要は終了となる。

その後は、(お墓が間に合っていて)納骨式を執り行うのであればお墓へ向かい、当日に納骨式を執り行わない場合は、会場近辺に用意した宴席で参列者と飲食を共にする。最近では初七日とともに精進落し(しょうじんおとし)を行ってしまうことが多いが、本来は、この四十九日の法要後の宴席が精進落しとなる。

※四十九日の法要は、必ずしも49日目に執り行わなくてもよい。49日目が平日であった場合等は、無理に当日に行わず、前倒して参列者が集まりやすい休日に行うのが一般的だ。ただし、49日目よりも前の日に前倒しをすることはあっても、49日目以降に後ろ倒しすることはないので注意が必要。

※故人を家長として新しくお墓を新設する場合等は、時間的な問題で、ほとんどのケースで四十九日までにお墓を用意することができない。その際は命日から百日目にあたる日に百か日法要(ひゃっかにちほうよう)を執り行い、併せて納骨式を行うこともある。

※四十九日以降もご遺骨を納骨できない場合は、お寺や霊園の納骨堂(のうこつどう)等にご遺骨を預かってもらうのが一般的。

 

納骨とは

火葬したご遺骨を入れた骨壺を、墓石の下にある納骨室に納めることを納骨と言い、納骨に際して行う一連の儀式を納骨式と呼ぶ。お墓がない場合等は寺院内の納骨堂や、自治体が運営する納骨堂にご遺骨を納めることをもって納骨とすることもある。

前述の通り、納骨は四十九日の法要時にともに行うことが多いが、「いつまでに」といった決まりがあるわけではない。ただし、遅くとも一周忌(いっしゅうき)時までには納骨を済ませておくことが一般的。

 

納骨式はまず、お墓の石蓋を開いて喪主がご遺骨の入った骨壺を納骨室(のうこつしつ)に納めるところから始めるため、事前に石材屋や霊園の管理事務所に連絡してお墓の石蓋を開いておいてもらう必要がある。

 

骨壺を納骨室に納めたら、石蓋を閉じて卒塔婆(そとば)を建てる。

最後に僧侶が墓前で読経する間に参列者が焼香したうえでお墓に手を合わせ、これが全員完了した時点で納骨式が完了となる。

 

その後、故人の供養及び精進落しを目的として、会場近辺に用意した宴席で僧侶および参列者と飲食を共にする。列席者への香典返しの引出物がある場合は、宴席の会場でこれを渡す。

※納骨には、埋葬許可証が必要となるので、ご遺骨等とともに忘れずに持参する(事前渡しの場合もある)こと。

※会食・精進落しの前後でタイミングを見て僧侶にお布施(ふせ)を渡すこととなるが、僧侶が精進落しを辞退される場合は、あわせて御膳料(おぜんりょう)も渡す。

※一時的にご遺骨を納骨堂に安置することを仮納骨(かりのうこつ)、お墓を作らず納骨堂にご遺骨を納めることを永代納骨(えいたいのうこつ)と呼ぶ。最近では、お墓を購入する意思がない人や後継者のない人、お墓を管理することができない人が永代納骨を選択するケースが増えているようだ。

 

参考記事:
葬制の基礎知識-ご臨終~葬儀・告別式まで
葬制の基礎知識-出棺~初七日の法要まで
葬制の基礎知識-百か日法要~三十三回忌まで

 

本記事は、2014年08月26日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

prof Kasiko編集部

編集チーム

  • 所属:Kasiko

関連記事


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン