法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

離婚と親権-家庭裁判所による離婚調停

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の親権は後決めできない

「子供のことを考えると、離婚しない方がいいと思う/離婚したくはない」
親としては誰もが思うことであろう。

ただ、大人の事情で、どうしても離婚が避けられないことになってしまうこともある。そうなると問題になるのが、子供の親権である。

親権とは、親として、成年に達するまでの子供の生活全般を管理する権利や義務のこと。夫婦が離婚するにあたって、子供がいれば、どちらかの親がこの親権を持つことになる。

※子が複数人いれば、それぞれについて親権者を決めるが、兄弟姉妹の親権はどちらか一方がまとめて持つことが一般的。

親権は本来、親の権利ウンヌンではなく、子供のために設けられた制度であることを十分に自覚し、大人の意地の張合いで子供に辛い思いをさせることは極力避けたいものだ。

 

なお、離婚届には親権者の欄があり、当該親権者の欄を未記入のまま離婚届を提出しても、受理してはもらえない。

子供の親権を後決めすることはできないのだ。

万が一、離婚届を受理してもらうために、安易にとりあえずの親権者を記入してしまうようなことがあれば、後になってこれを変更するには家庭裁判所の許可が必要となる。

 

最近では、親権を獲得したいあまりに「親権だけあれば、慰謝料や財産分与はなくても構わない」等と、とにかく離婚を急ぐことがまま見受けられるが、それでは近しい将来に貧困に直面してしまう恐れがある。

親権を獲得できたところで、経済的に困窮すれば、子供にひもじい思いをさせ、子供の将来の希望等をも奪ってしまうことになりかねない。親権も重要だが、親権を獲得した後の親子の生活のことも、離婚前によくよく考えておく必要があろう。

 

離婚調停と家庭裁判所調査官

さて、親権問題を含め、話し合いによる離婚(協議離婚)がまとまらないケースは、家庭裁判所に調停(調停離婚)を申し立て、家事審判官・調停委員といった第三者に間に入ってもらい、合意へ向けた協議を続けることとなる。

また、離婚することでは双方が合意しているものの、親権問題で合意に達していないケースも家庭裁判所に調停を申し立てることとなる。

 

親権が争点になっていれば、家事審判官・調停委員のほかに、家庭裁判所調査官と呼ばれる役割の人が、夫婦とその子供について多方面に調査を行う。

具体的には、夫婦双方との面談、子供との面談から、家庭訪問、保育・幼稚園・学校・児童相談所訪問等々。心理学・教育学・社会学などの人間科学分野に関する知識や技法、法律知識を活用して調査内容をまとめ、調停委員に報告するのだ。

 

親権問題がどう決着するかは、この家庭裁判所調査官の調査次第だといっても過言ではない。

家庭裁判所調査官が調査する視点
親権者の素養・・・愛情を持っているか、これまでの養育状況や経済的な面で子供との生活に問題がないかなど

子供の養育環境・・・現在までどちらが主に養育をしていたのか

今後の養育方針・・・今後、どこで、どのように養育をするのか

相手が親権者に不適当だと思われる理由・・・養育に関与せず、今後も養育することが難しい、DVであるなど

 

やはり、母親有利で父親不利?

親権問題に関しては「母親が有利」と言われている。

実際のところ、離婚調停において調停委員は、最初から母親に親権がいくような方向で調整し、8割~9割のケースが母親で決着しているという。

さらに、子供が幼ければ幼いほど母親有利となる。幼い子供には母親が必要であると考えられてしまい、不利な傾向になることは確かなようだ。

※子供が15歳以上であれば、裁判所で本人の意見を聞く機会が与えられる。

 

ただし、だからと言って「父親には一縷の望みもない」というわけではない。

もちろん、母親に育児放棄の傾向があれば、調停委員は父親に親権を持たせるように調整していく。育児放棄ではないにしても、母親に過度な浪費癖があったりすると、経済面を重視して父親を選考することもある。

母親以上に子供を養育する環境が整っていて、実際に育児に励んでいる状況があれば、それらを調停委員にアピールすることで、「父親が親権者としてふさわしい」と判断される可能性も高まっていくことだろう。

※不貞行為(不倫・浮気)などの有責配偶者でも、親権者になれないわけではない。

 

参考記事:
簡単ではない!離婚の種類と手続き
別居する子供との面会交流申立件数が増加中
子供を不幸にしない為、離婚前にするべきこと
サイレントプアに陥るシングルマザー世帯
離婚時に約束した養育費の支払いが滞ったら
離婚届提出前に知っておくべき離婚の基本

 

本記事は、2016年01月27日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

prof Kasiko編集部

編集チーム

  • 所属:Kasiko

関連記事


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン