法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

高額宝くじが当たった!・・・ら税金は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝くじの税金や確定申告は不要

5億円!!などという額の宝くじが当たったら、まさに夢のよう。本稿では、もしもそんな夢が叶ったら・・・という前提で考えて、税金確定申告はどうなるのかと要らぬ心配をしてみたい。

 

あらゆる所得を対象として行うのが確定申告であるが、結論からいうと、高額な宝くじが当たったとしても、税金はかからず、確定申告も必要ない。従って、住民税もかからない。

このように、社会政策的な背景から課税されない所得を「非課税所得」という。宝くじは当せん金付証票法という特別な法律があって非課税にされているのだ。

当せん金付証票法第13条
当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない。

とはいえ、実は宝くじは購入した時点で購入金額の約40%が、販売する自治体に収益金となって落ちているため、購入時点で予め税金を払っているともいえるのだ。約40%という金額は、実際に計算すると結構な金額である。1枚300円×10枚=3000円を支払ったら、そのうちの1200円が収益金となっている。

 

———————————
余談だが、宝くじの当選金の他で、非課税所得の対象となる所得には以下のようなものがある。

●遺族年金、障害者年金

●生活保護による保護金品

●生活必需品の譲渡による所得
 ※貴金属や美術品は30万円以上で譲渡所得となる。
 ※継続して生活必需品を譲渡していれば所得税がかかる場合がある。

●損害保険金、損害賠償金、慰謝料
 ※金額が過大な場合は課税となる場合がある。

●慶弔でやり取りする祝い金、香典、見舞い金

●雇用保険で支給される失業給付金

●宝くじ、totoの当選金
 ※海外宝くじの当選金、会社で宝くじを購入した場合の当選金は、課税所得となるので要注意。

※懸賞、クイズ番組の賞品や賞金、福引の当選金などは一時所得として課税される。

 

共同購入だと課税対象に!?

このように、個人で宝くじを購入している分には、税金や確定申告の心配はしなくてよいのだが、最近は当選確率を上げようとしてかなりの枚数を複数人で共同購入するケースも目立っている。

当選したら誰が当選金を手にするのかというと、たいていは全員で分けることになるだろう。その時、当選金を分けてしまった段階で贈与税の対象になることもあるので注意が必要。なお、これは個人で買って家族や友人、知人に分けた場合も同様である。
※ただし、1人あたり年間110万円以下ならば贈与税はかからない。

 

仮に、2人で宝くじを購入したところ、1億円が当選したとしよう。1人で1億円を受け取った後に5,000万円ずつ分けたとすると、以下のような贈与税がかかってしまう。

【一般贈与財産用】(一般税率)の場合:兄弟間、夫婦間、親からも成年の子への場合など
 
贈与額(5,000万円)-基礎控除額(110万円)×贈与税の税率(55%)-控除額(400万円)=贈与税額(2,289.5万円)

【特例贈与財産用】(特例税率)の場合:直系尊属(祖父母や父母)から、その年の1月1日時点で20歳以上の者(子や孫など)
 
贈与額(5,000万円)-基礎控除額(110万円)×贈与税の税率(55%)-控除額(640万円)=贈与税額(2,049.5万円)

どうだろうか。どちらで計算しても2,000万円以上もの贈与税がかかると、約半分しか手元に残らないことになってしまうのだ。

そうならないためには、銀行で当選金を受け取る時点から、初めから当選金を分配したいと申し出て、分配する全員分の名義で受け取るようにするといいだろう(各受取人の署名・捺印がある委任状を持参する必要あり)

参考サイト:国税庁「No.4408 贈与税の計算と税率(暦年課税)」

 

当選金の使い道次第で課税対象に!?

さて、もし宝くじで高額当選したら、アナタはそのオカネをどうするのだろうか?誰しもが一度は、要らぬ妄想を膨らませたことがあることだろう。

全額貯金をするだろうか。もし、マイホームや車などのローンが残っていたら、その清算をするだろうか。起業する予定があったなら、その資金として利用するだろうか。

いずれにしても、そうなった場面で税務署から問い合わせが来るかもしれない。なぜならば、金額が大きいとどこからそのオカネが捻出されているのか、疑問を持たれてしまうからである。

そのような時のために、もし高額当選の夢を果たした場合は、銀行に申し込めば発行してもらえる「当選証明書」を取っておくことをお勧めする。当選金を受け取る際に一緒に受け取っておけばよいだろう。これがあれば、宝くじで当選したことの証明になるからだ。

 

本記事は、2015年09月24日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

prof Kasiko編集部

編集チーム

  • 所属:Kasiko


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン