法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.

2017年、新・医療費控除が始まります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療費控除とは?

医療費控除は、その年に支払った医療費が一定以上の金額だった場合に、かかった医療費に応じて所得控除を受けることができるという制度です。

自分や自分と生計を共にする配偶者や親族のために医療費を支払った場合、最高で200万円までの所得控除を受けることができます。

医療費控除を受けるためには、確定申告書を所轄税務署に提出します。領収書などは、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示します。給与所得がある方は、確定申告の際に、源泉徴収票が必要となります。

 

医療費控除の対象となる金額は、

実際に支払った医療費の合計額-①の金額-②の金額

となっており、
①の金額は、保険金などで補てんされる金額、②の金額は10万円、又は総所得金額が200万円未満の方は総所得金額の5%となります。

 

医療費には、病院や歯科医院から請求される診療代や入院費用の他に、治療を受けるために支払った交通費等の費用や薬局で購入した医薬品の代金も含まれます。自宅で寝たきりの方で、介護タクシーを利用したとしたら、その費用も医療費とすることができますし、痛み止めや胃腸薬などの市販薬を購入した代金も、医療費に含めることができますので、比較的利用しやすい控除と言えるでしょう。

しかし、この従来の医療費控除の制度では、総所得金額が200万円を超える方の場合は、10万円以上医療費を支払っていないと、医療費控除を受けることができないことになります。

普段から家族で健康で過ごし、病気に気をつけている方や少しのことでは病院にかからない方は、薬局などで医薬品を購入していたとしても、医療費控除を受けることはできなかったのです。

 

なお、医療費控除については、「確定申告の基本知識-その②」でもご紹介していますので、そちらもご覧ください。

参考記事:確定申告の基本知識-その②
参考サイト:国税庁「医療費を支払ったとき(医療費控除)」

 

新・医療費控除ではこう変わります!

2017年より始まる新・医療費控除「スイッチOTC薬控除」では、医療費をあまり支出していない方も医療費控除を受けられるようになるようです。正式名称は、「セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除(医療費控除の特例―通称:セルフメディケーション税制)」といいます。

高額医療制度など、高額な医療費が軽減される制度もあり、持病があり定期的に病院に通っている方や難病やがんといった薬や治療に治療費がかかる病気の方、出産をされる方、高額な歯の治療をした方などがいらっしゃらないご家庭では、実際のところ、医療費が10万円を超えることはあまり無いでしょう。今までは医療費控除を受けられなかった方です。

参考記事:突然病気が判明した!そんな時には・・・①

 

しかし、スイッチOTC薬控除では、1年間に薬局などで購入した市販薬が1万2000円を超えると、所得から控除ができます。8万8000円も利用できるハードル下がったため、今まで医療費控除を受けられなかった方でも、新・医療費控除には該当する方が多いと考えられます。

 

ただし、利用できる期間や利用できる方、対象となる薬などが決められています。
まず、利用できる期間は、2017年1月1日~2021年12月31日まで

利用できる方は、普段から病気の予防や健康増進に取り組んでいらっしゃる方で、具体的には特定健康診査や予防接種、定期健康診断、健康検査、がん検診のいずれかを行った方とされています。

対象となる医薬品については、医療用成分が配合された薬局で購入できる市販薬で、「スイッチOTC」と呼ばれているものに限られています。

 

宣伝で、「医療成分○○配合」という謳い文句をよく耳にしますが、こういった医療用の成分を謳っている薬はスイッチOTCであることが多いです。

胃腸薬のガスター10や、痛み止めのイブプロフェンやロキソニン、シップ薬の中にもインドメタシンなど、医療用成分が含まれた商品があり、スイッチOTCはかなりの数があります。

第1種医薬品や第2種医薬品になっているものも多く、薬剤師や登録販売者がいなければ販売できないことになっていますので、スイッチOTCに該当するかどうかは、そうした専門家に確認してから購入すると良いでしょう。

控除額は、1年間に自分や生計を同じくする親族が購入したスイッチOTC医薬品の合計が1万2000円を超えた金額で、最高で8万8000円まで控除を受けることができる。従来の医療費控除には該当しない方のための医療費控除と言えるでしょう。

 

新・医療費控除も、従来の医療費控除と同じく、確定申告を行うことで、控除を受けることができます。医療費控除は所得控除ですので、一般的に家族の中で一番所得の高い方が申告すると得となりますので、差し支えなければ一番所得の高い方が申告しましょう。

ただし、この新・医療費控除の利用を検討する上で、注意が必要なことがあります。それは、従来の医療費控除と新・医療費控除の併用ができないという点です。

医療費が10万円を超えないが、スイッチOTCの市販薬を1万2000円以上買っているという方は新・医療費控除を選択すれば良いのですが、従来の医療費控除が利用できる方が新・医療費控除を選んでしまうと損になってしまうことがあるので、どちらを選べばよいか控除される額を計算して、選択すると良いでしょう。

参考サイト:財務省「平成28年度税制改正の大綱」(PDF)

 

新・医療費控除の準備は今から!!

確定申告には、領収書が必要となります。新・医療費控除は2017年より始まるので、控除に備えて、今から医薬品を購入した際にはレシートを保管しておくと良いでしょう。

レシートによっては、購入した品目が分かりづらいものがあるので、そういった場合は、裏面に購入した市販薬の名前をメモしておくと良いでしょう。購入場所や日時が記載されていないレシートの場合も、メモしておくと便利です。

病院が必要な際の無理は禁物ですが、市販薬が利用できる場合には、取りいれてみてはいかがでしょうか?

 

本記事は、2016年01月26日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。
ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


この記事のアドバイザー

prof Kasiko編集部

編集チーム

  • 所属:Kasiko

関連記事


新着記事
公式Facebookページ 公式Facebookページ
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン