法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.
宅地建物取引業法 とは?

宅地建物取引業法とは、宅地建物取引業を営む者に対してそのルールを定めた法律のこと。宅建業法。
宅地建物取引業を営む者について免許制度を実施し、その事業に対し必要な規制を行うことにより、その業務の適正な運営と宅地及び建物の取引の公正とを確保するとともに、宅地建物取引業の健全な発達を促進し、もつて購入者等の利益の保護と宅地及び建物の流通の円滑化とを図ることを目的としている(宅建業法第1条)。
2015年の同法改正によって、「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」へと名称を変更し、士業の仲間入りをすることとなった。

2017/04/20
jenga4
2015/09/16
realestatebroker
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン