法務・税務・労務などの問題解決エンジン
some system placed here.
遺留分 とは?

遺留分とは、民法に定められた故人の親族(法定相続人である配偶者、子供、父母、祖父母で、兄弟姉妹は除く)が最低限相続できる財産分のこと。相続において、故人が生前に遺言書を残していると、その遺言の内容が優先されるため、時として親族があまりにも不利益を被ることがある。この不利益を回避するため、遺留分として、一定の財産は親族が相続できるように定められている。
民法第1028条(遺留分の帰属及びその割合):兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。
一 直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の1/3
二 前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の1/2

2016/02/17
priority
2015/09/18
lastwilltestament
誰に何と相談していいかわからない方へ
050-7576-0762
[日本法規情報]
  • 平日10:00~20:00
  • 土日祝終日、受付のみ対応

誰に何と相談していいかわからないあなた。
私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。

無料相談・全国対応 050-7576-0762 お電話ボタン